トップページ>>サファリツアー>>プーケット エレファント サンクチュアリ
プーケット旅行センターにてクマノミマークのツアーを3つ以上お申し込みされるとタイ古式マッサージを無料にてご案内いたします。
タイからプーケットへ
076-346-123
プーケット旅行センター
日本からプーケットへ(KDDI)
001-010-66-76-346-123
プーケット旅行センター
プーケット旅行に関することは
お気軽にお問い合せ下さい。
ryokocenter@phuket-ryoko.com
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
  • プーケット エレファント サンクチュアリ
タイを代表する動物といえば象というくらい 、タイの人々は像と深くかかわりながら生活 しており、人々に飼育されている象たちは古 くからチーク材などの森林伐採に於いて、木 材の運搬などに携わっておりました。 しかしながら、1989年にはタイでのチーク材 の伐採が禁止となり、タイ国内で飼育される 象も徐々に少なくなったことや、人間による 自然破壊や道路建設などにより徐々に野生の 象が生息できる環境も減少し、タイだけでは なくアジア全体でも象が徐々に減少しており 、現在象は絶滅危惧種に指定されております 。
最近のタイの象たちはプーケット島を含む、 タイの各サファリ場にて観光客を乗せて山登 りや平地を歩き回る、エレファントトレッキ ングという仕事に従事しておりますが、傷つ いたり、年老いたりしてこの仕事に就くこと が出来なくなった象たちの癒す場所は今まで ありませんでした。 しかしながら最近はエレファントケアーと称 して象トレッキングを楽しむ物ではなく、象 を癒すためのキャンプ場を見学するというが 誕生しました。本ページで紹介しているプーケ ットにあるPhuket Elephant Sanctuaryはそのひとつです。

ここはサファリ場などで体験できる象 トレッキングなどはなく、傷ついた象を森へ 戻すための過程を見学する物です。ツアー代 金は多少高く感じるかもしれませんが、それ が施設の運営に反映しているとお考え頂けれ ば宜しいかと思います。

Phuket Elephant Sanctuary
プーケット エレファント サンクチュアリ

主催旅行会社 Phuket Elephant Sanctuary
服装 動きやすい格好(短パン、Tシャツ等)
*靴はゴム長靴の無料レンタルあり
持参した
方が良い物
虫除けスプレー、日焼け止め
動画視聴の場合、音が出るのでご注意ください。

プーケットエレファントサンクチュアリはプーケット島内で最初に作られらた30エーカー(約東京ドーム2.5個の広さ )を有するKhao Phra Thaeo国立公園内 (プーケット島内の北東にあるにある国立公園 )にある象のリハビリを目的とした施設です。

この場所はツアー施設として運営している場所であり、人間のために長い間働き、病気になった象、怪我をした象、年老いた象達をプールや水浴び場、南国の木々が生い茂ったジャングル内にて生活させる事により、象たちが森で生活できるような手助けを行っている場所です。そのため、通常のサファリツアーのように象の背中に乗っての象トレッキングなどはなく、あくまでも象が森へ帰れる過程を近くで見学できると言うもの。本ツアーへ参加された人々は象たちのリハビリを行う姿を見学する事により、彼らから色々な事を学べると思います。


エレファントサンクチュアリ・午前コース

人気のオプショナルツアー、プーケットファンタシーのお得なプロモーションです。

オプショナル
ツアー名
コースNO LXA
料金
(タイバーツ)
大人35903400バーツ
小人17501700バーツ
予定時間 08:30-13:00/
含まれるもの ホテルからの送迎
昼食 ( タイ式・ベジタリアン)
お菓子、ソフトドリンク
催行日 毎日
お申し込みはこちらより

エレファントケアーツアー
プーケット エレファント サンクチュアリの手配

人々のためにサファリ場にて働く象ではなく、象たちの周りには騒がしいツーリスト達は存在せず、自然のままの形で、象たちのライフスタイルを垣間見る事ができます。

08:30 12:30  ホテルお迎え
09:30 13:30 エレファントサンクチュアリ到着
     キャンプ内の施設でビデオ鑑賞
(象を保護する理由など)
    象へのえさやりを体験します。(バナナやパイナップルなど)また、プールでリハビリを行う象の姿も見ることが出来ます。(状況により不可の場合あり) ここで象の生活をガイドから象についての説明を受けます。
    ジャングルへ向い、象たちがジャングや池にて遊ぶ姿を鑑賞します。
    キャンプ施設へ戻り、昼食。 
13:00 17:00  エレファントサンクチュアリ出発
14:00 18:00  ホテル到着
  • ホテルの場所により追加送迎代が掛かります.。
    プーケットタウン/パトン/カタ/カロンは掛かりません

↑ このページのトップへ移動


エレファントサンクチュアリ・午後コース

人気のオプショナルツアー、プーケットファンタシーのお得なプロモーションです。

オプショナル
ツアー名
コースNO LXC
料金
(タイバーツ)
大人60905800バーツ
小人30002800バーツ
開始時間 09:30-17:00
含まれるもの ホテルからの送迎
昼食 ( タイ式・ベジタリアン)
催行日 毎日
お申し込みはこちらより

エレファントケアーツアー
プーケット エレファント サンクチュアリの手配

人々のためにサファリ場にて働く象ではなく、象たちの周りには騒がしいツーリスト達は存在せず、自然のままの形で、象たちのライフスタイルを垣間見る事ができます。午前、午後を通して象と触れ合う事ができ、ツアーと言うよりは象へのボランティアを体験する事ができます。

08:30 ホテルお迎え
09:30 エレファントサンクチュアリ到着
   キャンプ内の施設でビデオ鑑賞
(象を保護する理由など)
  近くのPhuket Elephant Parkへ向い
象へのえさやりを体験します。(バナナやパイナップルなど)
  ジャングルへ向い、象たちがジャングや池にて遊ぶ姿を鑑賞します。
  キャンプ施設へ戻り、昼食。 
  キャンプ内のリハビリ用のプールへ移動し、象たちがどのようなリハビリを行っているか鑑賞。
  プールからジャングルへ移動し、象へのえさやりを体験します。(バナナやパイナップルなど)
  キャンプ施設へ戻り、昼食。 
17:00 エレファントサンクチュアリ出発
18:00 ホテル到着
  • ホテルの場所により追加送迎代が掛かります.。
    プーケットタウン/パトン/カタ/カロンは掛かりません

↑ このページのトップへ移動

Phuket Elephant Sanctuary
プーケット エレファント サンクチュアリにて生活している象たち

  Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち   Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち

SAI TONG

2018年04月19日に救出

2018年02月に通報者から連絡があり、プーケット エレファント サンクチュアリの創設者・Montreeとスタッフが現地へ向かいました。そのときのSAI TONGは足に傷を負い、疲れ果てて脱水症状を起こし、苦しみに身体を揺らしていました。その後、2018年4月にはフェリーとトラックを乗り継いでプーケット エレファント サンクチュアリへ移動し、現在はここで暮らしています。

 

SROY FAH

2018年02月08日に救出

SROY FAHはプーケットのトレッキングキャンプから救い出されました。スリン出身の彼女は30年の人生の半分以上をエレファントトレッキングの仕事に従事していましたが、彼女の自由な性格のため、ツアー客を背中に乗せる事を拒み、サファリ場のオーナーは彼女を売却し、現在はプーケット エレファント サンクチュアリにてここで暮らしています。

RICHY

2018年01月25日に救出

70才の高齢のRICHYはプーケットエレファントサンクチュアリのおばあちゃん。彼女はミャンマーとの境界にあるラノーン出身であり長く伐採の運搬業やツーリストのために長い期間トレッキングの仕事を行っていましたが、脚を壊してしまい、傷ついていました。その後、プーケット エレファント サンクチュアリの創設者・Montreeにより助け出され、現在はプーケット エレファント サンクチュアリにてここで暮らしています。

  Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち   Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち

TONG KWAW

2017年12月15日に救出

SROY FAHはプーケットのトレッキングキャンプから救い出されました。スリン出身の彼女は30年の人生の半分以上をエレファントトレッキングの仕事に従事していましたが、彼女の自由な性格のため、ツアー客を背中に乗せる事を拒み、サファリ場のオーナーは彼女を売却し、現在はプーケット エレファント サンクチュアリにてここで暮らしています。

 

BAAN YEN

2016年12月16日に救出/2017年03月16日に永眠

BAAN YENは「4時」の花にちなんで命名されたとても賢い象でした。20年以上にわたり観光客のための象のキャンプで働いた後、プーケット エレファント サンクチュアリへ。2016年12月14日に移り、こで平和な生活を続けていましたが、長く従事していたトレッキングの仕事により彼女の身体は疲れきっており、日に日に弱くなり、2017年03月16日に永眠しました。

JAN JAO

2017年08月30日に救出

39歳のJAN JAOはタイの多くの象たちと同じように、人生の大半を観光業に従事しており、象使いの操作のため、彼女の耳や額に傷を持っています。2017年08月30日よりプーケット エレファント サンクチュアリで生活を始めましたが、最初はここでの生活に慣れず、戸惑ったようですが、今は他の像たちと一緒にここで楽しく暮らしています。

  Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち   Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち

GAEW TA

2016年12月08日に救出

GAEW TAはタイの多くの象たちと同様に長い間、森林伐採の運搬業やツーリストのためのトレッキングの仕事を行っていました。実を言うと、彼女は視力を失っています。原因は象使いが彼女を操作するために使うフックによる額の深い傷だと思います。(タバコによる根性焼のような傷もありました。)私たちは彼女の目を治そうと、有名な獣医を呼んで試みましたが、残念ながら治すのは不可でした。しかしながら、彼女の暗い過去にもかかわらず、ここで平和な生活を送っています。

 

MADEE

2016年09月20日に救出

2018年現在、68歳のMADEEは平和的で穏やかな大きな象であり、KANNIKAと一緒にプーケットエレファントサンクチュアリで生活を始めた最初の象です。彼女が最初にここに到着したときは、左後脚と肩の部分に開いた大きな傷がありました。当初、獣医はこの傷を発見する事ができなかったのですが、ここのスタッフが象の体を洗ってきれいにした事により見つけました。現在はこの傷も癒え、彼女はここでの生活を楽しんでいます。(特に友達との散歩やプールで泳ぐ事が好きなようです。)

KANNIKA

2016年09月20日に救出

2018年現在、35歳のKANNIKAはプーケットのあるホテルで、ツーリストたちを楽しませるため、若い時代を過ごしました。その後、2007年にプーケット エレファント サンクチュアリの創設者・Montreeへ売却され、現在までMADEEと一緒にここで過ごしています。KANNIKAは観光業をリタイヤした象たちのライフスタイルを具体化しています。私たちは彼らがここで幸せな生活を送る事を願って止みません。

       
  Phuket Elephant Sanctuary / プーケットエレファントサンクチュアリで生活する象たち

DOK GAEW

2016年12月16日に救出/2018年02月13日に永眠

DOK GAEWはプーケットエレファントサンクチュアリで生活を始めた最初の象達の1頭であり、2016年にここへきたときは60才を超えているおばあちゃん象でした。彼女は長い間、森林伐採の運搬業を従事した後、プーケットのエレファントキャンプへ売却されました。しかし、ここでの仕事で疲れ果て、ついにはここで働く事ができなくなるほど弱っていました。私たちは傷ついた彼女をキャンプ場で見つけ、プーケットエレファントサンクチュアリへ移動させました。その後、2018年02月13日に永眠しましたが、彼女がここでの生活を平和に過ごした事をうれしく思います。

  
   
 -----------------------  -----------------------  ----------------------- 
       

↑ このページのトップへ移動


プーケット旅行センターはパトンビーチにある日本人駐在の旅行代理店です


Copyright (C) 2003 - Phuket Ryoko Center All Rights Reserved